土地の名義変更方法について、書類などの手続きのこと。

土地は大切な資産の1つであり、財産を残す際に使われる物で重要なものです。

その為名義変更で所有者を変更する際は贈与する側、贈られる側を証明する住民票、戸籍謄本の他に法務局で書類を記入する必要があります。

書類の記載方法に関してはネット上で公開もされていますし、法務局で質問しつつ記載する事も出来ますが、多くは行政書士など専門家に依頼をし書類を整備していきます。

土地の資産価値に関してなど専門家でなければ計算しにくい部分もありますので、専門家に依頼をした方がストレスもなく安心です。

土地の名義変更を行うとその際の贈与に関する税金も発生しますが、翌年度以降は固定資産税の支払いも求められる事になります。

相続対策としては現金化し、生前に税金を必要としない額だけずつ贈与する方法もあります。

年間110万円以下であれば贈与税は発生しませんので、毎年少しずつ贈与していく事で税金は回避する事が出来ます。

他の相続税対策としては子供の相続させず孫の相続させる事で一代飛ばし、税金を回避する方法などもあります。

また空き地である場合は家屋を建て評価額を下げるという方法もありますので、土地を多く保有している場合は事前に相続の準備はしておきましょう。

専門家はそういった相談にも乗ってくれますので、専門家に相談し整備しておく事で結果的に税金を節約し、総支払い費用を下げる事も出来ます。

土地は大きな資産ですので、所有者が変わる事はとても大きな事なのです。

不動産名義変更手続センターをチェック